子供の集合写真を上手く撮りたい!カメラ初心者がおさえるべきコツとは

必ず一枚以上は撮るようにする

集合写真のメリットは、何と言ってもその賑やかさですよね。しかし、被写体となる人数が多ければ多いほど写真を撮ることは難しくなってきます。例えば「この子は笑っているけれど、こっちの子は目を閉じてしまっている」などの事態が起きやすくなってしまうのです。したがって、集合写真を撮る時は「一枚だけ撮ったら終わり」とならないように気を付けましょう。何枚か多めに撮っておくことで、他の写真と比較しながら最高の一枚を選ぶことができますよ。

撮影は晴れた日の野外で

集合写真を撮るのであれば、天気の良い日を選んで撮影することが大切です。また、場所は野外がおすすめですよ。屋内でも撮影すること自体はできますが、野外に比べるとやはり暗くなってしまう可能性が高くなります。そのため、集合写真は晴れた日の野外で撮影するということを極力守るようにしましょう。ただしこれはカメラ初心者の場合ですので、操作に慣れていて技術がある人は屋内での撮影に挑戦してみても良いかもしれませんね。

かけ声を使って子供の気を引く

シャッターを切るタイミングが掴めない場合には、かけ声をかけてから撮影すると上手くいきますよ。かけ声があれば、子供達もそれに合わせてポーズや表情を作ることができます。また、かけ声と言えば「はい、チーズ」が最も一般的ですが、これ以外の言葉を使ってみてもきっと楽しい写真撮影になりますよ。集合写真は皆の気持ちが一つにならなければいけないので、オリジナルの面白いかけ声などを使って子供達の気を引くようにしましょう。

スクールフォトの撮影が専門的に行われているフォトスタジオは、全国に多くあり、腕利きのカメラマンからの助言を受けることが肝心です。

PAGE TOP