誰でも参加できる披露宴演出

自分達の披露宴で退屈させない

結婚式の後で会場を移して行う披露宴ですが、とにかく派手に行われていた昔とは異なり、今風の披露宴はおもてなしの精神が重視されます。つまり、自分達だけが楽しくて感動するのではなく、招待客も参加できるような披露宴演出をいくつも追加したり、花嫁のお色直し時にムービーを流すようにするなど、退屈させないようにすることに重点を置いています。招待客にとって披露宴の一番の楽しみは食事と言われていますが、それも変わるかもしれません。

新しいキャンドルサービス

招待客参加型の披露宴演出というのにぴったりなのがキャンドルサービスです。新郎新婦が会場のテーブルに順番に回っていくことになりますが、大規模な披露宴だと退屈に感じてしまいやすい時間帯でもあります。そこでキャンドルサービスをリレー形式にするというアイデアが取り入れられるようになりました。リレーなら自分達も参加しないといけませんから、自分たちのテーブルに来るまでの時間を、今か今かと待ち遠しく過ごすことができます。

ドラジェ探しで盛り上がる

ウエディングケーキの主流は、すべて食べられる生ケーキに移っているのですが、ケーキカットやファーストバイトなどの披露宴演出に使われた後は、厨房でカットされて、披露宴終盤にデザートとして招待客たちに提供されます。そのケーキの中に埋め込まれているドラジェを探すという、ちょっとしたゲームを演出することもできます。ドラジェが入ったケーキをあてた人には景品などを用意しておくと、さらに盛り上がることになります。

海と山どちらにも魅力がある街・神戸の結婚式場は、海辺の結婚式場のほか、美しい景色を一望できる六甲山でのウェディングも人気があります。

PAGE TOP