結婚指輪は両家の顔合わせに必要か

両家の顔合わせとは何をするのか

お二人の結婚の約束を両家でし、親睦を深めるのが目的として両家の顔合わせ食事会があります。同じ目的で昔からのしきたりにそい、結納品を交わす結納というものがありますが、それよりもカジュアルなものになります。

結納品は用意せず、婚約指輪や記念品を交換する事が多いようです。

特に決まった形式はなく、料亭やレストランで食事や歓談を楽しむという両家の顔合わせ食事会が現在は多くなってきている傾向があります。

地域や家族によって、結納をするか、両家の顔合わせ食事会になるかは変わってきますので、両家で話し合って決める事が大切です。

結婚指輪はいつ買うか

両家の顔合わせ時は結婚指輪は無くても問題は無いです。

カジュアルな、顔合わせ食事会でしたら、結婚の記念品として結婚指輪を用意するというパターンもあるようです。

もし先に婚約指輪を購入しているのなら、そちらを使用できますし、指輪に限らず記念品を用意するのであれば、結婚指輪を顔合わせまでに急いで用意しないと、ということはありません。

実際に結婚指輪が必要になってくるのは、結婚式での指輪交換の際です。

とはいえ、結婚式の準備でバタバタになり、指輪の用意をわすれてしまった、ということもよくある話ですので早い内に用意しておくのが安心です。

両家の顔合わせに指輪は必要か

やはり親の立場、新婦のご両親から見ると、娘がきちんとした男性のところに嫁いでいくのだ、大切にされているのだ、と指輪がある事で安心してくださいます。また新郎のご両親としても、誠実な息子を育てた、という誇らしい気持ちになるでしょう。

今は婚約指輪を買わない、というカップルも多くいらっしゃいます。

二人でそう決めたことでも、ご両親の立場から見るとやはり指輪という形は大きいです。

もし婚約指輪を購入しないというのであれば、結婚指輪を両家の顔合わせまでに準備しておくのが良いかと思います。

結婚指輪はオーダーが可能なので、二人で話し合い満足できるデザインの結婚指輪を作る事ができるので便利です。

PAGE TOP